【カジノ初心者必読】ルーレットのルールをわかりやすく解説!

  • BETっていつまでしてもいいの?
  • 数字以外の場所にもBETしてる人がいるけど、あれってどういうこと?
  • 1回に何カ所もBETしていいの?

いざカジノのルーレットをやってみようと思うと、BET方法にもいろんなパターンがあったりと、ルールがわかりにくいですよね

ですが、一見複雑そうに見えるBET方法も、一度理解してしまえば簡単に覚えることができてしまいます!

この記事ではカジノのルーレットを始めるにあたって、知っておきたい基本的なルールについてまとめています。

この記事を最後まで読むことで、ルーレットを実践するのに必要なルールが理解できて、すぐにルーレットをプレイすることができるようになりますよ!

ルーレット初心者から卒業するためのお役立ち情報についても書いているので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

カジノのルーレット基本ルール

カジノには大きく分けて、【オンラインカジノ】と【ランドカジノ】の2種類に分けられます。

【オンラインカジノ】
インターネットを利用して、自宅にいながら気軽にプレイができるカジノ。

【ランドカジノ】
ラスベガスなどにあるの店舗型のカジノ。

それぞれのタイプでルールに少し違いがありますので、解説しますね。

 

ルーレットのルール【オンラインカジノ】

オンラインカジノのルーレットは、大きく分けて【ライブ型】と【オート型】のタイプがあります。

【ライブ型】
実際にディーラーがボールを投げ入れてゲームを進める

【オート型】
ソフトウェアによって、ゲームが全て自動で進行する

臨場感を楽しむなら【ライブ型】、サクサクプレイしたいなら【オート型】がおススメです。


ゲームのルール、進行はどちらも同じです。

1.制限時間内に賭けたい場所をクリックしてチップを置く。
・「0」にかけてもOK
・複数箇所に賭けてもOK
2.制限時間が「0」になると賭け時間終了。
3.ボールが落ちるのを待つ。
4.配当が分配される。
5.1ゲーム終了

オンラインカジノの場合は、配当がプログラムにより自動で分配されるので、配当のミスがなく安心してプレイできます

 

ルーレットのルール【ランドカジノ】

ラスベガスなどの海外で、実際に店舗型のカジノ(ランドカジノ)でのルーレットのルールです。

1.ディーラーからの「賭けてください(プレイスユアベット)」の合図でスタート。 賭けたいところにチップを置く
・「0」にかけてもOK
・複数箇所に賭けてもOK
2.ディーラーがボールを盤上(ウィール)に投げ入れる。
※まだ賭けても大丈夫です。
3.ディーラーからの「締め切ります(ノーモアベット)」で賭け時間終了。
4.ボールが落ちるのを待つ。
5.外れたチップをディーラーが回収。当選したらディーラーがチップを分配する
6.1ゲーム終了

このようにルール自体はいたって簡単です。

ぜひさまざまなBET方法を試してみて、自分に合ったルーレットの楽しみ方を見つけてくださいね。

当たったのに間違ってディーラがチップを回収してしまうこともあるみたいなので、気を付けてみていてくださいね!

 

ルーレットの賭け方と倍率

ルーレットの賭け方には大きく分けて2つの賭け方に分けられます。

  • インサイドベット
  • アウトサイドベット
  • レーストラックベット

それぞれ詳しくご説明しますね。

 

インサイドベット

数字を選んでBETする方法で、配当の倍率が大きいのが特徴です。

パターンは7種類あります。

  賭ける数字の数 倍率
Straight-Up
(ストレートアップ)
1 36倍
Split Bet
(スプリット・ベット)
2 18倍
Street Bet
(ストリート・ベット)
3 12倍
Corner Bet
(コーナー・ベット)
4 9倍
Double Street Bet
(ダブル・ストリート・ベット)
6 6
Four Numbers bet
(フォー・ナンバー・ベット)
4 9倍
Five Numbers bet
(ファイブ・ナンバー・ベット)
5 6倍

 

 

アウトサイドベット

数字の枠外に賭ける方法で、数字をある程度まとまったグループに分けてBETします。
当たる確率は比較的高めな分、配当が少なめの賭け方です。

パターンは5種類あります。

  賭ける数字の数 倍率
Column Bet
(カラムベット)
12 3倍
Dozen Bet
(ダース/ダズンベット)
Red-Black
(赤黒掛け)
18 2倍
High-Low
(ハイロー賭け)
Odd-Even
(奇数・偶数賭け/オッド・イーブン)

 

レーストラックベット

ルーレットの円盤を4つのエリアに分けて、インサイドベットする賭け方です。

  • Jeu Zero(意味:ゼロに賭ける)
  • Voisins du Zero(意味:ゼロの近くに賭ける)
  • Orphelins a cheval
  • Tiers du Cylindre(意味:3分の1)

「ボールがどこに落ちるか」をある程度予測して賭ける方法なので、中級者向けの賭け方かもしれません。

 

賭け方についてはコチラの記事で詳しく解説しています。
よかったらどうぞ!

 

配当について

配当は、すべてのカジノ、すべてのルーレットで同じになっています。
なので、ある特定のカジノだけルーレットの配当が高いなんてことはありません。

 

配当の意味について

この記事では「配当=賭け金を含めた手元に戻ってくる額」として書いています。

例えば1点狙いのストレートアップ。
配当は36倍です。

1ドルを賭けて見事当たった場合、1ドル×36倍=36ドルが手元に戻ってきます。
これは賭け金の1ドルを含めた金額なので、実際の利益分は35ドルです。

「配当=賭け金に対して実際に利益になる額」という意味で表している解説サイトもあります。
この場合は1点賭けのストレートアップだと「配当」は35倍ということになりますね。

どちらの意味合いとするかはサイトによって違いますので、混乱しないように注意してくださいね。

 

カジノでの配当の表記

実際のカジノのルーレットの配当を見るとこんな感じになっています。

すべて「○○:1」という表し方をしていますよね。
これは賭け金「1」に対して利益がどのくらいになるかを表しています。

1点賭けのストレートアップを見ると「35:1」となっています。
つまり1ドル賭けて勝つと、35ドルの利益になるという意味になります。

私もルーレットを始めたばかりの頃は、配当の表記のしかたについてよく混乱していました。

慣れてくると自然と理解していくことでもあるので、焦らなくても大丈夫!


 

ルーレットには2種類ある

ルーレットには「ヨーロピアンルーレット」と「アメリカンルーレット」の2種類があります。

 

ヨーロピアンルーレット


「0」を含んだ37個の数字からなるルーレットです。

オンラインカジノではこの「ヨーロピアンルーレット」を採用されているカジノが多いです。

 

アメリカンルーレット

「0」「00」を含んだ38個の数字からなるルーレットです。

ラスベガスなどでリアルにプレイするカジノ(ランドカジノ)では、主に「0」「00」があるアメリカンルーレットが採用されているようです。

 

ヨーロピアンルーレットどちらもアメリカンルーレットも、ルール・配当は同じです。

ヨーロピアンルーレットの方が「ハウスエッジ」が小さいので、選べるのであればヨーロピアンルーレットでのプレイをおすすめします。

…ハウスエッジってなに!?

聞きなれない単語ですよね。
カジノでゲームをプレイするにあたって大事な言葉になりますので、ぜひ覚えておいてほしい言葉です。

次はそんな「ハウスエッジ」についてご説明します。

 

「ハウスエッジ」とは

ルーレットにBETした金額に対するカジノの利益の割合がどのくらいになるか、を表したものです。

これが無ければカジノは運営することが出来なくなってしまいますので、ルーレットだけでなくどのカジノゲームにもこの「ハウスエッジ」は存在します。

 

ハウスエッジの仕組み ~赤黒賭けの場合~

例えば赤か黒どちらにボールが落ちるかを当てる「赤黒賭け」。
一見「赤」か「黒」のどちらかにBetするわけなので、当たる確率としては1/2、勝率50%に思えますよね。

実際には「0」があるので勝率は48.6%となります。
ここに「ハウスエッジ」、カジノが儲かる仕組みがあるのです。

なるほど…

 

ハウスエッジの仕組み ~ストレートアップの場合~

1点賭けを狙うストレートアップについても同じです。
ヨーロピアンルーレットならば、本来37分の1を狙うわけですから、配当も37倍…と思いますよね。

ところが実際の配当は36倍。

1ドル賭けていたとしたら、戻ってくるのは賭け金を含めた36ドル。
実際に手にする利益は35ドルということになります。

37倍の配当だったら36ドルの利益になっているはずなのに、です。
この1ドルの差が「カジノ分の利益=ハウスエッジ」ということになります。

 

ルーレットのハウスエッジはどのくらい?

具体的なハウスエッジはアメリカンルーレットが5.26%、ヨーロピアンルーレットが2.7%となっています。
つまり、ハウスエッジの大きいアメリカンルーレットの方がカジノ側の儲けが大きいということです。

台を選べるなら、「0」のみのヨーロピアンルーレットでプレイしましょう!

 

ルーレットは賭け方で勝率が上がる!

やみくもにBETし続けていても、勝てるようにはなりません。
ルーレットでは勝率を上げることが出来る「必勝法」と呼ばれる賭け方が存在します。

賭け方の基本となるのがシステムベット法です。

  • マーチンゲール法
  • パーレー法
  • ココモ法

それぞれ詳しく解説しますね。

 

マーチンゲール法

負けたら賭け金を倍、倍と増やしていく方法です。
どんなに負けが続いても、最終的に勝つことが出来れば初回BET額分が利益になります

例えば倍率が2倍の赤黒賭け、初期BET100円でマーチンゲール法を使ってBETするとこんな感じになります。

ゲーム数 賭け金 勝敗 配当 損益 トータル損益
1 100 × -100 -100
2 200 × -200 -300
3 400 × -400 -700
4 800 1600 +800 +100


実際このマーチンゲール法に関しては賛否両論の意見があります。

  • マーチンゲール法を使ってるやつは勝てない
  • 勝つためにはマーチンゲールを使うべきだ

などなど。

負けが続くと賭け金が大幅に膨らむので、変な汗がとまりません。

ある程度の連敗には耐えられるので、「今日は調子が悪いな…」なんて日はこのマーチンゲール法を使ってみるのもひとつですね。

人によって戦略も合う合わないがありますので、一度一通りの戦略を試してみることをおススメします!

 

パーレー法

勝ったら資金を倍、倍と増やしていく賭け方です。
「マーチンゲール法」とは逆の戦略で、連勝することで利益が出ます。


例えば倍率が2倍の赤黒賭け、初期BET100円でパーレー法を使ってBETするとこんな感じ。

ゲーム数 賭け金 勝敗 配当 損益 トータル損益
1 100 × -100 -100
2 100 200 +100 ±0
3 200 × -200 -100
4 100 200 +100 ±0
5 200 400 +200 +200
6 400 800 +400 +600


何連勝でリセットするのか、やめ時が大事になります。
連勝しなければ利益になりませんが、負けても損失が大きく膨らむことはありません。

連勝が出やすく調子がいい日には、このパーレー法で攻めるのもひとつの手です。

 

ココモ法

連敗しても一回の勝ちで負け分を回収でき、さらにマーチンゲール法よりも多くの利益を手にすることが出来るBET方法です。

マーチンゲール法と同じく負けたら賭け金を増やしていく方法ですが、増やし方が違います。

ココモ法BET額の増やし方(初期BET100円)

2連敗したら前回+前々回の賭け金を足した額を次のゲームでBETする
100 → 100 → 200 → 300 → 500 → 800 …

ただし、倍率3倍のカラムかダース賭けにしか使えない方法となります。

初期BET額100円、倍率3倍のダース賭けでココモ法を使うと結果はこんな感じになります。

ゲーム数 賭け金 勝敗 配当 損益 トータル損益
1 100 300 +200 +200
2 100 × -100 +100
3 100 × -100 ±0
4 200 × -200 -200
5 300 × -300 -500
6 500 1500 +1000 +500
勝率1/3を狙うので、5連敗はザラに起こるよ

連敗しても賭け金の増え方は穏やかなので、マーチンゲール法よりは落ち着いてプレイできるかもしれません。

そのほかの賭け方・必勝法についてはコチラの記事で解説しています。

 

カジノのルーレットのルールについてのまとめ

この記事では

  • 基本ルール(ゲームの流れ)
  • 賭け方とそれぞれの倍率(16種類)
  • ルーレットの種類
  • 配当およびハウスエッジ
  • 必勝法・攻略法

についてわかりやすく解説しました。

ルーレットの基本的なルールは「ボールがどの数字に入るかを当てる」ということなので、初心者が始めやすいカジノゲームの1つです。

他のカジノゲームに比べて、ルーレットはBET方法が多彩で配当倍率も2~36倍と非常に幅があります。

それを活かして様々な戦略を立てることが出来るのが、ルーレットの奥深さ、魅力の1つでもあります。

ぜひさまざまなBET方法を試してみて、自分に合ったルーレットの楽しみ方を見つけてくださいね。(

関連記事